歯の治療・ケア

歯列矯正中には、虫歯に特に気をつけなければなりません。歯列矯正中に虫歯になると、場合によってはせっかく取り付けた矯正器具を外して虫歯の治療を行って、再び矯正装置をつけ直すなどの手間がかかることになり、矯正の期間が大幅に伸びてしまいます。

私は歯医者さんからご指導頂いたので大丈夫でした。ですから、日ごろの歯磨きを特に熱心に行う必要があります。歯列矯正中ではない普通の期間中の基本のブラッシングは、歯ブラシを歯に直角に当てて、連続した円を描くように動かします。

また、前歯の裏側や奥歯の後ろ側はブラシの先の方を使って磨きます。歯肉との境目は歯ブラシが離れないようにして、前後に細かくブラッシングするようにします。しかし、矯正期間中はこのような磨き方をしていたら、せっかく取り付けた矯正器具をずらしてしまったり、ワイヤーにひっかかってしまうこともあります。

ですから、ワイヤーを中心にして下・上・ワイヤーとブラケット部分と3回に分けて磨くようにします。ワイヤーの部分には、毛束を当てて小刻みにブラッシングするようにしますが、ワイヤーが邪魔をして磨きにくい場合には歯間ブラシを使うようにしましょう。歯列矯正の間は、矯正装置やワイヤーなどがついて、磨きにくい=食べカスが残りやすい部分ができ、虫歯になりやすい状態となります。

普段より意識して歯磨きをするようにしましょう。出先などで歯磨きが難しい場合は、うがいをするだけでも効果的です。子供の歯列矯正もそうですが大人にはインプラントなんかも非常に人気の高い治療になっています。友達は今度、前歯をインプラント治療するそうです。

小平市 歯医者